« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/27

再見了!朋友(内容)

再见了!朋友 2006.2.15.小雨
(旅立つ友人に贈る言葉)

再见了!朋友。
我们一定等着你,
和你再相见的那一天。
在跟你告别的火车站前,
向你挥手叫喊着。

无论今后有多少困难,
只要想起你的笑容,
我们就会坚持下去,
到跟你再相见的那一天。

现在能跟你说真心话,
没有任何虚假的语言。
展望你美好的未来,
发出我们内心的祝愿。

再见了!朋友。
你那孩童般的笑脸,
将给生活带来希望。
我们一定等着你,
在和你告别的火车站前。


[小雨老師より一言(朗読の日本語訳ではありません)]

もう二度と会えないかもしれない友と別れる時、
みんな辛いでしょうね。

 実際、私はこの録音を終えて、しばらく涙が止まり
ませんでした。まるで家族がバラバラになったように。

 私は子どもの時から、ずっと家族と離れて生活して
いたせいか、家族より友たちを大切にしてきました。
いつもその時々の友達の助けによって何とか生き延びて
きたような気がしてなりません。

友達は私の家族です。大切な家族です。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/23

『再見了!朋友。』送別の詩(朗読)



 さらば、友よ 2006.2.15小雨
  (旅立つ友人に贈る言葉)

 さらば、友よ。
 私たちはきっと待ってる、
 また君と会える日々を。
 惜別の駅の前で、
 手を振りながら。

 どんなに苦しい時も、
 君の笑顔が浮かぶと、
 私たちも頑張れるよ、
 君とまた会える日まで。

 今なら言えるよ、
 建前ではない日本語。
 君の輝く未来を祈る
 ほんとうの言葉。

 また会おうね、友よ!
 その飾らない笑顔、
 希望をもたらしてくれる。
 私たちはきっと待ってる、
 惜別の駅の前で。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

故国神遊(内容)

故国神游 2005.12.2 小雨

我做了一个梦。
梦里是多痛快。
在万里长城上飞奔,
在万里长江里荡漾。
忽而登上泰山仙境,
忽而飞向帕米尔高原。
刚倾听贵州三月三的对歌,
又响彻北京城京剧的宏亮。
看黄河之水天上来,
望赣江之流向北走。
亲朋好友欢聚滕王阁,
万醉不休…
醒来方觉身是‘客’
恨! 恨! 恨!

  

中国の大地、懐かしい故郷、もう一度帰りたい!
夢の中に出てきた場所はみんな実際に自分が行ったところか、憧れた有名なところか。
万里長城、万里長江、日本の方にもよく知られていますが、

泰山は中国の一番東にある名山。五岳の中の東岳です。反対にパミール高原は中国の一番西国境にある有名な氷山です。

貴州省にかぎらず、西南地方の少数民族は旧暦の三月三日は一年一回しかない大事な見合いの日です。
京劇はもちろん文字通り『都』の劇ですが。

黄河は中国の黄土高原を通るから、大量の砂のせいで、河床は平地より高く、まるで空の上を流れているみたいに。

赣江はまた中国でめずらしく南から北へと流れる河です。中国の川は西から東へ流れるのが普通です。

滕王阁は中国有名な江南三大楼(湖北省武漢市の黄鶴楼、湖南省洞庭湖畔の岳陽楼)の一つ、江西省南昌市の赣江沿いにあります。

Img_0899
△滕王阁(クリックで拡大)

03
△赣江(クリックで拡大)


 

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/14

故国神遊


故国神遊  2005.12.2 小雨

夢をみました。
夢の中でどんなに楽しかったか。
万里の長城を走る、万里の長江で泳ぐ。
泰山仙景に上ったと思ったら、
ウイグルのパミール高原へ飛んでゆく。
貴州省少数民族三月三の歌を聴いてたところ、
北京市華やかな京劇の芝居を見ている。
黄河の水が天から流れてくる、
赣江の水が北へと流れて行く。
親友だちが滕王阁に集まり、
酔い続ける…
目をさめた時『客』の身を覚え、
どんなに悔しいか。



聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

浪淘沙  李煜

浪淘沙  李煜


帘外雨潺潺,春意阑珊。

罗衾不耐五更寒。

梦里不知身是客,

一晌贪欢。

 ~ ~ ~

独自莫凭栏,无限江山,

别时容易见时难。

流水落花春去也,

天上人间。


[小雨老師より一言(朗読の日本語訳ではありません)]

2006年1月29日は中国の正月、春節でした。季節上はこの日から春が始まります。だから、春節と呼ばれます。中国語で『正月初一』、『大年初一』とも呼びます。28日は大晦日で、中国語で『除夕』と呼びます。『除夕夜』は中国で一年中一番にぎやかな夜です。この夜は寝たくても、寝られないよ。爆竹の音でね・・・
『爆竹声震耳欲聋,
烟火花驾雾腾空。
家家户户团聚一堂,
欢声笑语满天飞翔…』
日本の方の中国語学習サイトを見たら、一年中二回正月を楽しめるのはいいなぁ~と喜んでいるみたいですが。しかし、日本にいる『客』の身である私にとって一年中一番寂しい日です。この日をカレンダーから消したい!とても。
そんな時の『友』はやっぱり李煜の漢詩でした。李煜みたいな囚われた『客』ではないけど、『客』としての心情は少し分ります。

聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/02

有始有終(ヘッドライト テールライト)中国語歌詞

[有始有終の内容]

有始有终  2006.1.7.小雨译
(ヘッドライト テールライト)

谁也不会为你唱赞歌。
像被风暴吹散的砂尘
飘在空中无数的星星,
没有谁记住你。
有始有终,旅途还没有结束。
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

你的脚印被暴雨冲洗,
不会留下任何的足迹。
赞歌只是为了英雄们,
而不是为了你。
有始有终,旅途还没有结束。
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない
 
照亮你自己行程的是
还没有开花结果的梦。
闪烁在遥远未来的是
天真无瑕的梦。
有始有终,旅途还没有结束。
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

有始有终,旅途还没有结束。
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »