« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/27

『从开始到现在』冬のソナタ主題歌(中国語歌詞朗読と日本語訳)

最初から今まで
(韓流 冬のソナタ テーマソング)(小雨訳)

これが“最後だよ”とつぶやいて、
どうしてまだ忘れられないの?
時はすべてを変えて、
もう戻ることはない。

出会いは別れのため、
失うのはあたりまえ。
ボロボロに傷ついた、
僕はあまり単純すぎる。

すべてを終わりにしようか?
僕の愛は君にもう届けられない。
最初から今までずっと待ってたのに、
君は僕のところに戻るはずもない。

君をあきらめられるか?
僕のところにもう戻れないから。
でも、できないよ、
どうしてできるの?
君は僕の愛してはいけない人?

出会いは別れのため、
失うのはあたりまえ。
もう忘れてしまったMemory、
どうしてまたよみがえるの?

すべてもう終わったのかい?
僕にもう振り向いてくれないから。
最初から今までずっと待ってたのに、
君は僕のところに戻るはずもない。

君をあきらめられるか?
僕のところにもう戻れないから。
でも、できないよ、
どうしてできるの?
君は僕の愛してはいけない人?

どう証明するの?
知らなかったよ、
愛することはこんなに苦しいなんて。

本当に終わりにしようか?
僕の愛をもう受け入れてくれないから。
最初から今までずっと待ってたのに、
君は僕のところに戻るはずもない。

君をあきらめられるか?
僕のところにもう戻らないから。
でも、無理だよ、
認めたくないよ。
君は間違えて愛した人?

 ※この詩は、中国語版の歌詞の訳です。

聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/22

『恋人』中国語歌詞(本文)

情人 (恋人)

韓剧 冬之恋歌 插曲
演唱: 崔永真 (リュ様)


每天站在我的身边 ,

若窗外湿湿的雨朵 小小地下。

但现实 却使我失去了 原来有的热情 。

但我越来越靠近你。

当在我疲惫的那一天 ,

你若爱我 让我感到好温暖 。


希望你 原来的那一生 只爱我一个人的你 。

只希望 我才记得你 给了我多爱的人 。


你说过的那句话,

在下雨的那一天,

我还有另外的缘分 。

但是我从来没有说过

这世界里 只有一个人 认识你。


希望你 原来的那一生 只爱我一个人的你 。

只希望 我才记得你 给了我多爱的生命 。

记住那一天 我爱你 。


希望你 原来的那一生 只爱我一个人的你 。
只希望 我才记得你 给了我多爱 。

希望你 原来的那一生 给了我许多爱的人。

某一天 我不在的时候,

为了我 流泪的人。


[小雨老師より一言(朗読の日本語訳ではありません)]

この歌はリュウさん自身が中国語で歌ったものです。
しかし、なかなか聞き取れなくて、歌詞カードもないし、
数日間想像しながら聞き取ったのは以上の歌詞でした。

どうでしょうか?
冬ソナのイメージに合っているでしょうか。

中国語歌詞の聞き取りがとても苦労したのはこの歌詞全体、
一体何を言いたいのか?なかなか理解できませんでした。
多分日本の方は一行一行を見て、みな易しい言葉に見えるの
ではないか?
『我爱你』『你爱我』だらけ。しかし、中国人の私にとって
とても分りにくいストーリーでした。

まあまあ、とりあえず日本語に訳してみましょう、、、
日本語に訳している内にピンと来ましたよ。
こんな意味だったのか。

あ~、日本語がいい!分りやすい言語でした!


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/03/16

『恋人』 冬のソナタ挿入曲

(ダウンロード)

恋人 冬のソナタ 挿入歌
  歌  崔永真 (リュ様)


歌詞の日本語訳:(小雨)


毎日僕の傍にいるけど、
体が降り続ける小雨に、
うたれて凍ってゆく。

しかし、
僕の心は君から離れられない。
いつか疲れ切ったその日、
君の愛は僕を暖めてくれる。

ただこれだけを望んでる、
元々は僕だけを愛してた。
僕だけが君の愛を覚えてる。

雨の日、君が言った、
他に愛してる人がいる。
そうだね、たとえ、
僕だけを愛していなくても。

ただこれだけを望んでる、
元々は僕だけを愛してた。
僕だけが君の愛を覚えてる。
愛しているって。

ただこれだけを望んでる、
元々は僕だけを愛してた。
僕だけが君の愛を覚えてる。

ただこれだけを望んでる、
元々は僕だけを愛してた。
ある日、僕がいなくなった時、
涙を流してくれる人。


※朗読している詩は、「恋人」中国語バージョンの詩です。また、上の訳は中国語バージョンを日本語に訳したものです。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

唐詩「送元二使安西」 王維


送元二使安西 王维(唐朝)

(元ニさんの安西に使するを送る)


渭城朝雨浥轻尘,

客舍青青柳色新。

劝君更尽一杯酒,

西出阳关无故人。


〖今译〗

 
渭城的早晨下了一场细雨,

湿润了大地使得尘土不扬。

客店周围青青的杨柳树啊,

雨后也显得格外清新美丽。


朋友,咱们就要分手了,

请再喝干这杯送别酒吧,

从这儿再向西走出阳关,

就不会再有老朋友了。


[小雨老師より一言(朗読の日本語訳ではありません)]

王維のこの漢詩は送別の詩の代表作です。
古くから友だちと別れる時、この詩が詠われてきました。
友情の深さ、別れの切なさ。人に感動をあたえます。

この詩から作られた有名な曲『陽関三叠』はテレサテン
(邓丽君)の歌『何日君再来』にも登場しました。

二番の『停唱阳关叠,重擎白玉杯…』です。
『別れの歌を止めよう、もう一杯を飲もう...』
という意味でした。

 陽関は敦煌市西南70公里外の南湖乡境内にあります。
シルクロードの要塞地でした。玉門関とともに
千古の名勝として詠われてきました。

聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »