« 唐詩「送元二使安西」 王維 | トップページ | 『恋人』中国語歌詞(本文) »

2006/03/16

『恋人』 冬のソナタ挿入曲

(ダウンロード)

恋人 冬のソナタ 挿入歌
  歌  崔永真 (リュ様)


歌詞の日本語訳:(小雨)


毎日僕の傍にいるけど、
体が降り続ける小雨に、
うたれて凍ってゆく。

しかし、
僕の心は君から離れられない。
いつか疲れ切ったその日、
君の愛は僕を暖めてくれる。

ただこれだけを望んでる、
元々は僕だけを愛してた。
僕だけが君の愛を覚えてる。

雨の日、君が言った、
他に愛してる人がいる。
そうだね、たとえ、
僕だけを愛していなくても。

ただこれだけを望んでる、
元々は僕だけを愛してた。
僕だけが君の愛を覚えてる。
愛しているって。

ただこれだけを望んでる、
元々は僕だけを愛してた。
僕だけが君の愛を覚えてる。

ただこれだけを望んでる、
元々は僕だけを愛してた。
ある日、僕がいなくなった時、
涙を流してくれる人。


※朗読している詩は、「恋人」中国語バージョンの詩です。また、上の訳は中国語バージョンを日本語に訳したものです。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

|

« 唐詩「送元二使安西」 王維 | トップページ | 『恋人』中国語歌詞(本文) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078/1055620

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋人』 冬のソナタ挿入曲:

« 唐詩「送元二使安西」 王維 | トップページ | 『恋人』中国語歌詞(本文) »