« 漢詩 『早発白帝城』 李白 (朗読) | トップページ | 『夜来香』 (李香蘭 鄧麗君)歌詞朗読とカラオケ »

2006/07/24

漢詩 『望廬山瀑布』 李白 (中国語朗読)


『望庐山瀑布』    李白


日照香炉生紫烟,

遥看瀑布挂长川。

飞流直下三千尺,

疑是银河落九天。


小雨の一言:

廬山は江西省九江市にあり、中国で有名な避暑地です。
卢山位于江西省九江市,是中国有名的避暑胜地。

1996年に世界遺産にも登録されました。
1996年被列为世界文化遗产。

李白は廬山が大好きで、少なくとも5回以上登ったことがあり、隠居したこともあります
李白非常喜欢卢山,至少有5次以上登过卢山,并在卢山隐居过。

廬山についての詩も十篇以上ありました。
关于卢山的诗也有十多篇。

この『望廬山瀑布』は時期から見ると前回紹介した『早発白帝城』の延長線にあります。
这篇『望庐山瀑布 』从时间上来说是在前次介绍的『早发白帝城』的延长线上。

李白は二度目の流放で白帝城から南昌に帰る途中、廬山に寄りました。最後の廬山でした。
李白第二次流放从白帝城回南昌途中,又一次爬上了卢山。这是李白有生之年最后一次登卢山。

大難後のこの時の廬山は李白の目に仙境に映ったにちがいないでしょう。
大难后的卢山呈现在李白的眼里一定像仙境一般。

「香炉峰は紫色に包まれている」。紫色は中国で神様の色です。
「日照香炉生紫烟」。紫色在中国是代表神的颜色。

「滝がまるで銀河から流れ落ちたように」。
「疑是银河落九天」。

1000年前すでに「銀河」という単語が存在していましたね。
呵,在1000年以前就已经存在了「银河」这个单词了。

現代よりその時の「銀河」はもっと神秘的に見えたでしょうね。
与现在相比,当时的「银河」一定显得更加神秘吧。

もう60歳を過ぎて、大難から命を拾った李白は気持ちが落ち込むところか、
仙人になりましたよ。

已经60岁出头,从大难中捡了一条命的李白,不但没有
失魂落魄,而是成仙了。

この詩を読む私はただ感動、感激、尊敬、無言...
此时此刻,我只是感慨、激动、尊敬、无言...


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

|

« 漢詩 『早発白帝城』 李白 (朗読) | トップページ | 『夜来香』 (李香蘭 鄧麗君)歌詞朗読とカラオケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2078/2782146

この記事へのトラックバック一覧です: 漢詩 『望廬山瀑布』 李白 (中国語朗読):

« 漢詩 『早発白帝城』 李白 (朗読) | トップページ | 『夜来香』 (李香蘭 鄧麗君)歌詞朗読とカラオケ »