« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

『時の流れに身を任せ』 『我只在乎你』中国語歌詞とテレサテンの歌を聴く

テレサテンの 『我只在乎你』歌を聴くとカラオケ

我只在乎你    邓丽君

如果没有遇见你,
我将会是在哪里?
日子过得怎么样,
人生是否要珍惜?
也许认识某一人,
过着平凡的日子。
不知道会不会,
也有爱情甜如蜜?

任时光匆匆流去,
我只在乎你。
心甘情愿感染你的气息。
人生几何能够得到知己?
失去生命的力量也不可惜。
所以我求求你,
别让我离开你。
除了你,我不能感到
一丝丝情意。

如果有那么一天,
你说即将要离去。
我会迷失我自己,
走入无边人海里。
不要什么诺言,
只要天天在一起。
我不能只依靠,
片片回忆活下去。

任时光匆匆流去,
我只在乎你。
心甘情愿感染你的气息。
人生几何能够得到知己?
失去生命的力量也不可惜。
所以我求求你,
别让我离开你。
除了你,我不能感到
一丝丝情意。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

『時の流れに身を任せ』『我只在乎你』(テレサテン鄧麗君)中国語歌詞朗読


小雨の一言:

テレサテン(鄧麗君)は日本で演歌歌手として活躍したせいか、
可能是因为邓丽君在日本只是一名演歌歌手,

演歌が好きではない私はテレサテンの日本語の歌をあまり聴きませんでした。
不喜欢听演歌的我也自然不太听邓丽君的日本歌曲。

この歌の中国語カバー曲『我只在乎伱』も長い間好きではありませんでした。
这首歌的中国歌词『我只在乎你』在很长时间我也不喜欢。

なに?  『求求伱』で愛を?  可笑しい...
什么? “求求你”能得到爱?  太离谱了...

しかし、人間の好き嫌いは変わるものですね。
可是,人的心情还真地会变。
......

中国語で『知音』という言葉があります。音楽を聴いて、
それを演奏する人の気持ちまで
聞き取れるという意味です。
在中国有“知音”这个词儿。听着音乐,能听出奏乐人的心情。

最近この歌を聞いているうちに、テレサテンがこの歌を歌う本当の気持ちを
なんとなく理解できるようになった、と思います。

最近,听着听着,好像听出点儿名堂来了。邓丽君唱这首歌时的心情。
这可能就是所谓的「意境」吧。

人の一生、一番求め難いのは『知己』です。『知己』はまたイコール『恋人』
ではありません。

人的一生,最难求得到的是“知己”。但“知己”也并不一定就是“情人”。

テレサテンの『知己』は自分の歌ではないでしょうか。
邓丽君的“知己”不就是她自己的歌曲吗!?

歌のため、すべてを捨ててきました、結婚も、家庭も...
为了唱歌,她放弃了一切,结婚、家庭...

分かってくれるのは歌だけって、そう思っていたに違いありません...
能理解自己的只有音乐。她一定是这么想的...

ですから、『失去生命的力量也不可惜』、『求求伱、別譲我離開伱』。
所以,“失去生命的力量也不可惜”,“求求你,别让我离开你”。

なるほど。これは彼女自身の心の声でした。
我明白了! 这是邓丽君自己的心声。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/17

『陽関三畳』の解釈と日本語訳文


陽関三叠  王維詞 古琴曲 (小雨訳)


一叠 (一番)

渭城の朝の小雨は埃を流し、

旅館の柳も色青々しく一新した。

君よ、もう一杯お酒を乾杯しよう、

陽関を出たら、古い友人はもういないよ。


これから1人で万里の旅が始まり、

渭水の埠頭で何回も乗り換えるだろう。

道を急ぐ気持ちは分るが、

何より辛い旅、辛い旅だよ!

苦労に苦労を重ねて、

体を壊さないように気をつけてよ。


二叠 (二番)

(赤い色の四句を繰り返し)

別れがつらい、

胸がつまり、涙が溢れ出る。

君の事は忘れられないよ、一日24時間に。

これから誰を心の支えにしていいか?

さまよう、さまよう。


三叠 (三番)

 (赤い色の四句を繰り返し)

旨いお酒、飲まずにもう酔ったよ、

君が白黒の馬に乗って出発するが、

いつ帰りの車の音を聞かせてくれるか?

また何回飲める???

千回飲み尽くしても、

この気持ちは尽きないよ。

無限の感傷。

これから手紙で語ろうね、

書く、書く、手紙に気持ちを託そう。


あ~、離れ離れになって、

夢の中でも時々会おうね。

いつか雁が君の帰りを伝えに来るのを

ずっと待つよ。


☆単語解釈(中国語と日本語)


1.    渭城(wèichéng ) : 地名。在今陕西省咸阳市东北二十

里。 唐代时,从长安去西域,先乘船走渭水,然后换马出

阳关。渭城是第一个渡口。一般送友人去西域,从长安送

到渭城,在这儿举行告别宴会。


2.    朝雨(zhāoyǔ):清晨下的小雨。(朝の小雨)


3.    浥(yì ): 沾湿。湿润。( 潤す)


4.    轻尘(qīngchén):很轻的尘土。(軽い埃)


5.    客舍(kèshè):旅馆(旅館)


6.    青青(qīngqīng):强调颜色非常青。(いかにも青く見え

るようす。)


7.    柳色新(liǔsèxīn):杨柳树的颜色变得很清新。(柳の

色が新しくなること。)


8.    劝君(quànjūn):劝您。君是对人的尊称。(君に勧む)


9.    更尽(gèngjìn):再次喝完。(さらに飲み干す)


10.  一杯酒(yì bēi jiǔ):(一杯のお酒)


11. 西出阳关(xīchūyángguān):阳关在渭城以西,所以叫西

出阳关。(西の陽関を出る)


12.    无故人(wúgùrén):没有老朋友(古い友人はいない)


13.    遄行(chuánxíng):速行(道を急ぐ)


14.    长途(chángtú):路程遥远的;长距离的(長距離の)


15.    越渡(yuèdù):越(关)、渡(水)。(関を越える、河を渡

る。)


16.    关津(guānjīn)〈书〉:关口和渡口,也指设在关口或渡

口的关卡。(関所と港の入口)


17.    历(lì):经过(時がたつ)


18.    苦辛(KǓxīn):劳苦艰辛(苦労)


19.    宜(yí):应当(...すべきである)


20.    自珍(jìzhēn):自爱;珍惜自己的身体。(自愛、体を大

切にする)

 

注: 二番以後のは2006年10月29日に発表いたしました。

   中国語本文は2006年09月06日に発表いたしました。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/06

『陽関三叠』 (唐)王维词 古琴曲

「陽関三畳」の歌を聴く

王維の「送元二使安西」漢詩朗読を聴く


以上の朗読は2006年3月4日の再放送です


阳关三叠  王维词 古琴曲

一叠(第一段)

渭城朝雨浥轻尘,

客舍青青柳色新。

劝君更尽一杯酒,

西出阳关无故人。

遄行,遄行,长途越渡关津,

历苦辛,历苦辛,历历苦辛,

宜自珍,宜自珍。


二叠(第二段)

渭城朝雨浥轻尘,

客舍青青柳色新。

劝君更尽一杯酒,

西出阳关无故人。

依依顾恋不忍离,

泪滴沾巾!

感怀,感怀,思君十二时辰。

谁相因,谁相因,谁可相因?

日驰神,日驰神。


三叠(第三段)

渭城朝雨浥轻尘,

客舍青青柳色新。

劝君更尽一杯酒,

西出阳关无故人。

旨酒,旨酒,未饮心已先醇。

载驰骃,载驰骃。

何日言旋轩辚?

能酌几多巡 !

千巡有尽,寸衷难泯。

无穷的伤感。

尺素申,尺素申,尺素频申,

如相亲,如相亲。

噫!从今一别,两地相思入梦频。

闻雁来宾。


小雨の一言:

この琴歌は王維の『送元ニ使安西』より作られたものです。
这首琴歌是根据王维的『送元ニ使安西』谱写的。

『三叠』の意味は歌が三番まであるという意味です。
『三叠』的意思是说这首歌有三段的意思。

1000年前唐の時代から今まで送別の代表的な歌として歌われてきました。
从1000年前的唐朝起就已是送别时的名曲。

千古の名曲です。
千古绝唱。

決して恋の歌ではありませんよ。友情を讃える歌です。
但绝非是恋爱的歌曲,是首歌颂友情的歌。

中国の歴史は「友情」の歴史と言っても過言ではありません。
把中国的历史说成是「友情」的历史,一点也不过分。

人気のある人ほど「友情」を「愛情」より大切にします。
越是受人们喜爱的人物越重于「友情」,轻于「愛情」。

日本でも有名な『三国志』も、「劉備」、「関羽」、「張飛」の「桃園三結義」がなければ、
始まりません。

在日本也很有名的『三国演义』,如果没有「刘备」、「关羽」、「张飞」的「桃园三结义」,
故事也开始不了。

この三人の友情は千古の逸話になっています。
三人的友情成为千古佳话,流传至今。

今の時代は技術の進歩にも関係があるかな、友たちがいなくても1人で生きて
いける時代になってしまいました。

现代可能于技术进步也有关,没有朋友一个人也可以活下去。

でも、心の豊かさは古人よりずっと衰えていると、私は感じています。
但是,我却觉得现代人精神世界远没有古人充实。

孤独、虚しく、寂しく、今の時代の代名詞ではないでしょうか。
孤独、空虚、寂寞好像已成了现时代的代名词。

 

聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »