« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/25

日本童謡『うれしいひな祭り』『快楽的桃花節』中国語歌詞朗読と歌(日本語と中国語)練習


三月三 桃花节 (快乐的桃花节) 小雨译  
Sān yuè sān  táo huā jié


偶人的架上点上灯, (Ǒu rén de jià shàng diǎn shàng dēng)

再把那桃花来插上;  (Zài bǎ nà táo huā lái chā shàng)

吹笛打鼓的五童子, (Chuī dí dǎ gǔ de wǔ tóng zi)

今天是快乐的桃花节。 (Jīn tiān shì kuài lè de táo huā jié)


小雨の一言:

日本にはたくさんの美しい童謡があります。

在日本有很多很动听的儿歌(童谣)。

大人の私が聴いても感動するくらいにとても優しくて、
聴くだけで自分の心も優しくなれたようです。

成年人的我听了都会受感动,好像自己的心情也变得温柔多了。

もし、その時だれかに何かを頼まれたら、絶対断れないでしょう。(笑)

如果那时有人要我做件什么事,我想我是决不会拒绝的。(笑)

この「うれしいひな祭り」を中国語に訳して、歌も教えていただきました。

把这首「快乐的桃花节」译成汉语,并请人教我唱了一下。

その練習風景を発表します、一緒に楽しく笑ってほしいですから。

现把练习时的风景发表一下,为的是大家一起乐一乐。

しかし、練習する時、緊張しましたよ、「音痴」と言われました...

可是,练习时可有点儿紧张哟,说我「五音不全」...

中国の旧暦の三月三日も桃の節句ですが、「桃花節」あるいは「女児節」と呼びます。

在中国农历的三月三也是「桃花节」,或叫「女儿节」。

七段飾りの雛飾りがあるかどうか見た事はないですが、新しい服を着せてもらって、
ブランコを揺らして遊んだと母親が言っていました。

有没有日本这样的七段偶人架,我也没看过。
穿着新衣服,荡秋千倒听妈妈说过。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0)

2007/02/21

詩吟(音声)『望廬山瀑布.李白』(石川繁先生)を聴く(中国語朗読付き)


廬山の瀑布を望む       


日は香爐を照らして紫煙を生ず

遙かに看る瀑布の長川を挂くるを

飛流直下三千尺

疑うらくは是銀河の九天より落つるかと


(以上の朗読は2006.7.24の再放送です)


『望庐山瀑布』    李白


日照香炉生紫烟,

遥看瀑布挂长川。

飞流直下三千尺,

疑是银河落九天。


小雨の一言:

詳しいことは2006.7.24日の記事をごらんください。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/13

『陪我看日出』歌詞本文と歌を聴く

蔡淳佳の『陪我看日出』のカラオケ

陪我看日出(歌詞本文)

(一)

雨的气息是回家的小路,

路上有我追着你的脚步。

旧相片保存着昨天的温度,

你抱着我就像温暖的大树。

(二)

雨下了走好路!

这句话我记住。

风再大吹不走嘱咐。

雨过了就有路!

像那年看日出,

你牵着我穿过了雾,

教我看希望就在黑夜的尽处。

(三)

哭过的眼看岁月更清楚,

想一个人 闪着泪光 是一种幸福。

又回到我离开家的下午,

你送着我满天叶子都在飞舞...

(二)重复

(二)重复

虽然一个人,

我并不孤独,

在心中你陪我看每一个日出。


聴き方がわからない方 はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかった らランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リク エストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (6)

2007/02/07

『涙そうそう』の中国語カバー曲『陪我看日出』歌詞朗読と日本語訳


一緒に朝日を見る「陪我看日出」(小雨訳)

(一)

雨の中で帰りの道へ

あなたを追いかけてた

古いアルバムにあの頃の温もりが

今でも暖かい

大きな木に抱かれてるように

(二)

雨だから、道に気をつけて!

この言葉が聞こえてる

どんな嵐でも

その優しさは吹き飛ばされない

雨に打たれて道が見つかる!

霧の夜の夜明けを見たように

希望が暗闇の後にあるのを

教えてくれた

(三)

泣いた目で世の事がもっと見える

あなたを思い涙そうそうは

私の幸せだ

また家を出かけるあの午後に戻ったね

嵐の中で私を見送りに

落ち葉が空一杯舞い乱れる...

(二)繰り返し
(二) 繰り返し

1人だけど

寂しくないわ

この胸にあなたがいるんだもの

毎日一緒に朝日を迎えてる


小雨の一言:

このカバー曲の題名を見た時、原曲の「涙そうそう」と違う意味の歌になったかなと思いました。
刚开始看了「陪我看日出」这个歌名的时候,还以为变得和原来「涙そうそう」不同意思的歌了。

聴いてみたら、同じ事を言っているんだと分かりました。

听了以后,才知道是同样意思的。

亡くなった愛しい人への思いです。
对已经走了的亲人的思念。

その人は母であろうと、兄であろうと、恋人であろうと、それは大事な事ではないのです。
那个人是母亲也好,兄长也好,恋人也好,并不重要。

ともに悲しむ、ともに喜ぶ、暗闇の中で人生の道を見つけさせてくれた人、
共患难,同欢乐,帮助自己在黑暗中找到人生之路的人;

亡くなった今でも、この胸にいてくれて、どんな辛い時でも励ましてくれる人。
现在虽然不在了,但依然活在自己心中,永远给与鼓励的人。

こんな人です。
是一个这样的人。

こんな人を持っているのは確かに幸せですね。
心中有一个这样的人,确实是一种幸福。

1人でも寂しくないと思います。
虽然一个人,也不会感到寂寞的。

羨ましいことです。
真的很羡慕。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/02/03

『三声有幸』第八回朗読と第四回の本文


《三声有幸》的文章

第四回: 人物B: 

              没问题,我们一定尽力而为。

        Méi wèn tí,wǒmen yí ding jìn lì 'ér wéi.


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »