« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/29

日本古謡『さくらさくら』の日本語歌詞と中国語訳詞『櫻花開櫻花開』本文(ピンイン付き)と朗読を聴く


さくら     さくら

やよいの  そらは ( 弥生の空は)

みわたす  かぎり ( 見渡す限り)

かすみか  くもか ( 霞みか雲か)

においぞ  いずる ( 匂いぞ出る)

いざや   いざや  (いざやいざや)

みにゆかん      (見に行かん)


樱花开     樱花开 

农历三月    樱花开 

满山遍野    放光彩 

飞向彩霞   飞向云

香飘万里   人人爱

快来呀     快来呀 

同看樱花去

 

拼音:

Yīng  huā  kāi      yīng huā kāi 

Nóng lì sān yuè      yīng huā kāi

Mǎn shān biàn yě     fàng guāng cǎi

Fēi xiàng cǎi xiá     fēi xiàng yún

Xiāng piāo wàn lǐ    rén rén 'ài

Kuài lái ya             kuài lái ya

Tóng kàn yīng huā kù


小雨の一言:

この日本古謡の歌詞を同じ字数でぴったり中国語に訳せるのは偶然ではないと
思います。

这首日本古谣能完全用同样字数翻译成汉语,我觉得并非偶然。

漢詩を作る基本は三、五、七文字でなければなりませんが、日本のこの古詩を見るかぎり、同じ基本だなぁと喜びと親近感を覚えました。

汉语唐代以来古诗的基本字数就是三、五、七。日本的这首古诗和中国的基本要求完全一致,使人感到一种喜悦和亲近。

そして、本当に直訳しただけなのに、中国語の立場から読んでも、元々中国語の詩だと勘違いさえ引き起こせます。

而且,我完全是直译的,但如果完全不懂日语的人读起来,会以为本来就是首汉语诗。

日本と中国、昔から兄弟でしたね。

日本和中国,从前就如同兄弟一般。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1)

2007/03/21

詩吟(音声)『胡隱君を尋ぬ』(石川繁先生)を聴く

 

胡隱君を尋ぬ     高啓

   
 
 
 水を渡り 復水を渡り

 花を看 還花を看る

   春風 江上の路

 覺えず 君が家に到る

 

 尋胡隱君  (明)高啓

 渡水復渡水,

  看花還看花。

  春風江上路,

  不覺到君家。


 

聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0)

2007/03/18

漢詩『尋胡隠君.高啓』本文解釈と中国語朗読を聴く


寻胡隐君    高启


渡水复渡水,

看花还看花。

春风江上路,

不觉到君家。


詩についての解釈と感想文:(日本語と中国語で)

日本語:

高啓のこの詩を読むと川辺の春風を肌で感じられる心地して
本当に気持ちがいいですね。

中国江南地方の風光明媚な景色が目の前に広がってゆきます。

水のせせらぎ、風のそよぎ、そして春風にゆれる花、
それらに誘われるままに、川を渡り、また川を渡り、

あちらで花を眺め、またこちらで花を眺め、
大自然の恵みを思う存分に楽しんで、

爽やかな春風そよぐ川のほとりをのどかにぶらぶら
歩いているうちに胡さんの家にいつの間にか辿り着いた事が趣
深く伝わってきます。

でも、忘れてはならないのは作者が大自然を楽しめる一番の理
由は隠居している友の胡さん宅を訪れ、会える喜びがあるから
です。

最後の一句「不覺到君家」はその理由を教えてくれました。

考えてみてください。独りぼっちで悲しみに暮れている人は、
いくら綺麗な花を見ても、杜甫の「春望」の詩のごとく、「感
時花濺涙」(悲しい時に花を見て、かえって涙がでる)ではな
いでしょうか。

花見の季節がそろそろやってきます。皆さんも心の通じ合う友
達と花見を楽しんで下さいね。


中国語:

高启的这首诗读起来,让人心情特别爽快。

中国江南地区的一幅春光秀丽的景色活生生地展现在我们眼前。

小桥流水,春风飘逸,鲜花怒放,
作者信步走来,渡过一条河又一条河,看了一处花又一处花,
尽情地享受着大自然的恩惠。

为什么他能这样纵情地享受,诗的最后一句「不觉到君家」

给我们点了题,因为他要去会他的朋友,他的心情本来就是愉快的。

一个陷在悲伤中的孤独的人,既使眼前有再漂亮的花,
也会像杜甫「春望」中的诗句「感时花溅泪」一样,连花也会使他伤心的。

一年一度的花季又要来临了,祝各位能和知心的朋友们一起,
共同享受这大自然的美景吧。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0)

2007/03/11

『路辺的野花不要采』『浮気をしないでね!』歌詞本文と歌を聴くとカラオケ(卡拉OK)

テレサテン(鄧麗君)の『路辺的野花不要采』のカラオケ(卡拉OK)


路边的野花不要采


送你送到小村外,
有句话儿要交待。
虽然已经是百花儿开,
路边的野花你不要采。

记着我的情,
记着我的爱,
记着有我天天在等待。

我在等着你回来,
千万不要把我来忘怀!

(重复唱一遍) 

千万不要把我来忘怀!
千万不要把我来忘怀!


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (3)

2007/03/04

『路辺的野花不要采』『浮気をしないでね』(テレサテン)歌詞朗読と日本語訳文 元宵節の祝詞


『浮気をしないでね!』

『路边的野花不要采』  日本語訳:(小雨)


村の外れにお見送り

話しておきたいことがあるわ

よその世界は華やかだけど

あなたは心変わりしないでよ


私の心を連れていって

私の愛を連れていって

私が毎日待ってることを

忘れないで


あなたの帰りを待ってる!

私が待っていることを

忘れないで

絶対忘れないでね!


小雨の一言:


調査によりますと、結婚相手に望むことの一番は「浮気をしないでね!」でした。

根据调查,结婚对象的第一条件是不在外面采野花。
(野の花はここで愛人の意味です。)

くれぐれも気をつけてくださいね。

请各位多加小心。

この歌は伝統的な中国の歌です。軽快なリズムで、愛情たっぷり、
またバラの花のように、鮮やかだけど、刺もあるそんな可愛いお嫁さんの姿を
愉快に表現しています。


这首歌很据有中国传统风味,以轻快的曲调,表现了一位富有爱情,但又像蔷薇
花儿一般,又可爱又带刺儿的农村小媳妇儿。


宴会の時、だれかがこの歌を歌えば、周りの雰囲気はたちまち盛り上がって、最高です。

宴会时,谁唱了这首歌,周围的气氛马上就活跃起来,个个兴高采烈。

もし日本人のあなたが上手に歌えば、すぐ中国人と溶け合えるでしょう。

日本人的您如果能唱得很出色,和中国人的关系很快就会融洽了。


小雨のもう一言:


元宵節おめでとうございます!
祝您元宵节快乐!

きょうは中国の「正月十五夜元宵節」です。一年間「円円満満になりますように」の
願いを込めて、「だんこ」を食べる習慣があります。
また、あちこちに「花灯籠まつり」が行われ、きらめきな「花灯」は夜の世界を
神秘的に演出してくれます。
とても楽しい祭りです。


今天是中国的「正月十五元宵节」。要吃「汤圆」,为的是祝愿今年一年家家户户
团团圆圆,美美满满。各地还要闹花灯,今天晚上可是灯如海,人如潮,热热闹闹。


中国にいらっしゃる日本の方もぜひご一緒に楽しんでくださいね。

祝愿在中国的日本侨胞们,节日快乐!


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (5)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »