« 日本古謡『さくらさくら』の日本語歌詞と中国語訳詞『櫻花開櫻花開』本文(ピンイン付き)と朗読を聴く | トップページ | 中国.心の歌(第一回)『花児為甚麼這様紅』『花はなぜこんなに赤い』歌詞本文と歌を聴く »

2007/04/06

中国.こころの歌(第一回)『花児為甚麼這様紅』『花はなぜこんなに赤い』歌詞朗読と日本語訳詞


花はなぜこんなに赤い 日本語訳:(小雨)

(一)

花はなぜこんなに赤い!?

なぜこんなに赤い

まるで燃え上がる炎のように

燃え上がる炎のように

それは純潔な友情と愛の証なのよ


(二)

花はなぜこんなに鮮やか!?

なぜこんなに鮮やか

まるで魂がいるように

“行かないで”と告げるように

それは青春の血潮に染まったからよ


(三)

花はなぜこんなに枯れたの?
   
なぜこんなに萎れたのよ?

誰に 誰に 無惨に踏みにじられ

壊されたの?

その大切な友情と愛の証を    


日本語と中国語で書く感想文:
(中国語のコメントは次回にいたします)


皆さんの心の歌はどんな歌でしょうか。

『花児為甚麼這様紅』は中国人の世代を超えた心の歌です。

1963年映画『氷山上的来客』の挿入歌として生まれた後、

魔法のように中国人の心を掴み、とりこにしたのです。

決して宴会やカラオケで気楽に歌える歌ではありません。

そのような軽い歌ではなく、情感豊かな深い歌なのです。

独りで物思いに耽る時、大切な人の事を想う時、人生の岐路に立ち、

大事な決断を下す時等、心で歌うのです。

そうすると、歌声がしだいに全身の血管を巡り、細胞の隅々まで届き、

失いかけた青春の若い力を取り戻してくれる、そんな大切な歌なのです。

映画にはこの歌は三番までありましたが、普段はだれも三番目を歌おうとしません。

歌うのはあまりにも忍びないからです。

この歌の朗読は絶対上手く行かないのが分かりながら、三番までの朗読を試みました、

途中で胸が詰まり、泣きそうになって、その日にとうとう諦めざるをえなかったことは

何回もありました。

心の歌というものは声を出して表現すべきものではなく、心で歌うものだと私には

思えてなりません。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

|

« 日本古謡『さくらさくら』の日本語歌詞と中国語訳詞『櫻花開櫻花開』本文(ピンイン付き)と朗読を聴く | トップページ | 中国.心の歌(第一回)『花児為甚麼這様紅』『花はなぜこんなに赤い』歌詞本文と歌を聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本古謡『さくらさくら』の日本語歌詞と中国語訳詞『櫻花開櫻花開』本文(ピンイン付き)と朗読を聴く | トップページ | 中国.心の歌(第一回)『花児為甚麼這様紅』『花はなぜこんなに赤い』歌詞本文と歌を聴く »