2007/08/23

石川繁先生の詩吟(音声)『涼州詞』を聴く

石川繁先生の詩吟『涼州詞』を聴く


涼州詞   (唐)王翰

葡萄美酒夜光杯,

欲飮琵琶馬上催。

醉臥沙場君莫笑,

古來征戰幾人回。


葡萄の美酒 夜光の杯

飲まんと欲すれば 琵琶馬上に催す

酔うて沙場に臥す 君笑うこと莫かれ

古来征戦 幾人か回る


感想文(日本語版)(中国語版は前回発表いたしました)


シルクロード。

時代が変わっても、その神秘さは変わらないものですね。

この詩を読むと、異国のような風情が目の前に広がってゆきます。

いつの時代からか、どの神話によるものかは定かではありませんが、
中国の西に極上の仙界があるとの言い伝えがありました。

極限の苦難に耐えて、仙界に辿り着くことができれば、

「そこの神様は、神々しい光を放つ玉の杯で
真っ赤な血の色をした葡萄酒で持て成してくださり、
妖艶な仙女たちは、琵琶という楽器で天上の音楽を奏でてくださると……」、

人々は、このように想像していたのかもしれません。

それを信じていた人々は、遂にシルクロードを作りま した。
シルクロードを通って、仙界に辿り着いた人々は幸せでしたが、

その代わりに、どれだけ無名の戦士たちが、このシルクロードを守るため、
故郷を離れ、慣れない異国の厳しい環境で戦い、命まで捧げたことでしょう。

シルクロードを守ることは 国を守ること、昔から男の大志とされてきました。

しかし、この詩を読むと、それを信じて戦っていた戦士たちの心の片隅に
少なからず寂しさもあることを強く感じずにはおれません。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (4)

2007/08/16

漢詩『涼州詞 』(唐)王翰(中国語朗読と感想文)

漢詩『涼州詞 』(唐)王翰(中国語朗読)


凉州词  (唐)王 翰  (簡体字)

葡萄美酒夜光杯,

欲饮琵琶马上催。

醉卧沙场君莫笑,

古来征战几人回。



涼州詞   (唐)王翰   (繁体字)

葡萄美酒夜光杯,

欲飮琵琶馬上催。

醉臥沙場君莫笑,

古來征戰幾人回。



小雨の一言:中国語版(日本語版は次回にいたします)

丝绸之路!
这条神秘的路。
人类文明的高度发展,也丝毫改变不了它的魅力。

在21世纪的今天,当你读起这首诗来,那异国般的风情,仍在吸引着你。

是从什么年代开始?又是根据什么古老的神话?
说在中国的西边有一个非凡的世界。

谁能忍得大苦大难,到达那个秘境,
“神仙们会用闪闪的玉杯,盛上血红色的葡萄酒来招待你;
仙女们会弹起琵琶,为你奏起闻所未闻的玉音……”
人们可能这样想像着。

不知经过了多少个年代,信者们终于走出了一条路,
后人叫它丝绸之路。

通过这条路,能到达天国的人当然善哉善哉。
可是,又有多少人为它离乡背井,身埋沙场,献出了自己的生命。
(用沙场来代表战场大概就是从这儿来的吧。)

在古代中国,去西域被称为男子汉大丈夫保家卫国的壮举。
这首诗历来也是爱国主义教育的诗篇。

小时候读起来确实激情满怀。

但随着岁月的流失,字里行间渐渐渗出一种说不出的伤感。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1)

2007/07/12

テレサテン(鄧麗君)『再見我的愛人』(good-bye my love)カラオケ

『再見我的愛人』カラオケ

です

《再见!我的爱人》  演唱:邓丽君

(一)
good-bye my love

我的爱人, 再见!

good-bye my love

相见不知哪一天?

我把一切给了你,

希望你要珍惜。

不要辜负我的真情意。

(二)

good-bye my love

我的爱人, 再见!

good-bye my love

相见不知哪一天?

我会永远永远爱你在心底,

希望你不要把我忘记。

......

我永远怀念你,温柔的情。

怀念你,热烘的心。

怀念你,甜蜜的吻。

怀念你,那醉人的歌声。

......

怎能忘记这段情?

我的爱,再见!

不知哪日再相见?

(说白)

再见了,我的爱人。我将永远不会忘记你。

也希望你不要把我忘记。

也许我们还会有见面的一天! 不是吗?


(二)重复

(尾声)

我的爱仍相信,总有一天能再见!


小雨の一言:(中国語版)

香港的邓丽君歌迷们选出了八首他们最喜欢的邓歌。排行如下:

1.《月亮代表我的心》
2.《甜蜜蜜》
3.《再见我的爱人》
4.《小城故事》
5.《我只在乎你》
6.《漫步人生路》
7.《海韵》
8.《忘记他》

非常遗憾,我一次也没亲眼看过邓丽君的演唱会。

据说邓丽君在演唱《再见我的爱人》这首歌时,
经常感情冲动,热泪盈眶。

众所共知,邓丽君是位唱情歌的名手,她所唱的情歌都恰到好处。
把歌中人物的感情表现得淋漓尽致,而不是表现她自己。

但为什么在唱这首歌时,控制不了自己的感情呢?

前不久看了电视剧《テレサ・テン物語》时,好像明白了这个问题。

这首歌的歌词跟她自身的恋爱悲剧太吻合了,
使得她再也压抑不了那埋在心中的悲,心中的爱。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1)

2007/07/03

『good-bye my love』の中国語カバー曲『再見!我的愛人』歌詞朗読と日本語訳

『再見!我的愛人』中国語歌詞朗読

日本語訳詞:

 さよなら、あなた

(一

グッバイ マイ ラブ
さよなら、あなた
グッバイ マイ ラブ
いつか会えるかしら?
私の全てをあなたにあげたわ
大切にしてね
私の愛を無駄にしないでね


(二)

グッバイ マイ ラブ
さよなら、あなた
グッバイ マイ ラブ
また会えるかしら?
いつまでも愛してるわ
私を忘れないでね
......

忘れないわ、その優しさ
恋しく想うわ、温かい心
愛しいわ、甘いくちづけ
懐かしいわ、酔いしれる歌声
......

一緒にいた日々の思い
どうして忘れられるの?
私の愛よ、さようなら!
いつかまた会えるかしら?


(白)さようなら!私のあなた。
永遠に忘れないわ。
あなたも私を忘れないでね。
私達また会えるかもしれないわね。
そうでしょ?

(二)繰り返し
(最後)

今でもあなたを信じてるわ。
いつかきっと出会えるわ!


小雨の一言:(日本語版)

テレサ・テンが歌った歌の中で、香港のファンたちが選んだもっとも好きな
八つの歌は次の順番です:

1.『月亮代表我的心』

2.『甜蜜蜜

3.『再見我的愛人』(good-bye my loveの中国語カバー曲)

4.『小城故事

5.『我只在乎你』(時の流れに身を任せの中国語カバー曲)

6.『漫歩人生路』(ひとり上手の中国語カバー曲)

7.『海韵』

8.『忘記他』


残念ながら私がテレサ・テンのコンサートを見ることは
一度もできませんでした。

話によりますと、テレサ・テンが《再見我的愛人》を歌う時、
とても感情的で、よく涙が溢れ出るそうです。

彼女ほど数多く恋の歌を歌ってきた歌手はいないと思いますが。
それなのに、どうしてこの歌にこれほどまで感情移入をしたのでしょうか?

先日テレサ・テン物語を見て思ったのですが、
自分の悲恋とこの歌の歌詞があまりにも重なり合い、
涙せずには歌えないのではないかと考えてしまいました。    


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1)

2007/06/22

在那遥遠的地方(草原情歌)カラオケと歌詞本文(簡体字と繁体字)

在那遥遠的地方(草原情歌)のカラオケ

です

在那遥远的地方『草原情歌』 (簡体字)

(一)
在那遥远的地方
有位好姑娘
人们走过了她的毡房
都要回头留恋地张望

(二)
她那粉红的笑脸
好象红太阳
她那活泼动人的眼睛
好象晚上明媚的月亮

(三)
我愿抛弃了财产
跟她去放羊
每天看着那粉红的笑脸
和那美丽金边的衣裳

(四)
我愿做一只小羊
跟在她身旁
我愿她拿着细细的皮鞭
不断轻轻打在我身上


在那遥遠的地方『草原情歌』 (繁体字)

(一)
在那遥遠的地方
有位好姑娘
人們走過了她的毡房
都要回頭留恋地張望

(二)
她那粉紅的笑臉
好象紅太陽
她那活溌動人的眼睛
好象晩上明媚的月亮

(三)
我願抛弃了財産
跟她去放羊
毎天看着那粉紅的笑臉
和那美麗金邉的衣裳

(四)
我願做一只小羊
跟在她身旁
我願她拿着細細的皮鞭
不断軽軽打在我身上


小雨の一言:(前回の中国語版)

这首歌本来是首中国青海省少数民族(藏族)的歌曲,但却成了广大汉族人民心中的歌,
理想之歌。

上次也介绍过一首少数民族歌曲《花儿为什么这样红》。是位于中国最西边境
「塔吉克族」的歌曲。

这些少数民族歌曲,都是汉族人借用当地民族那优美的旋律而创作的。
反映的是汉族人的理想,汉族人的梦。

提起汉族人,可能会有人连想到「大汉族主义」,是否对少数民族人怀有优越感。
如果有的话,那也只不过是汉族人中的一小撮特权阶层吧。

几千年来被儒教等封建社会礼仪道德压在最底层的广大劳苦群众,
对少数民族那野马似自由奔放的生活方式,那孩童般纯洁的爱,
一直是羡慕和憧憬。

“如果有可能的话,
多想抛弃现在的一切,到那广阔的大草原去。
那里有位美丽的姑娘在等着我……”


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1)

2007/06/15

世界名曲.中国青海省民謡『在那遥遠的地方』(草原情歌)歌詞朗読と日本語訳


在那遥遠的地方(草原情歌) 日本語訳(小雨)

(一)

遥か遠いその彼方

美しい娘さんがいる

彼女のバオを通ったら

だれもが振り返ってしまう

(二)

その素敵な笑顔

太陽のよう

その輝いた瞳

お月様のよう

(三)

私はすべてを捨てて

彼女と放牧に行きたい

毎日その笑顔を見れるなら

他には何もいらない

(四)

私は子羊になりたい

彼女の傍に居れるなら

その愛の鞭で

私を叩いておくれ


小雨の一言:

この歌は中国青海省少数民族(チベット族)の歌なのに、漢民族の人々の夢の歌、心の歌です。

前に紹介した中国心の歌(その一)『花児為甚麼這様紅』『花はなぜこんなに赤い』
少数民族「塔吉克族.タジク族)(塔吉克斯坦.タジキスタン共和国と隣接)の歌です。

漢民族というと、「大漢族主義」思想を持っていて、少数民族を差別しているのではないか?
と思われがちですが、それは漢民族の中の一握りの特権階級だけの話にすぎないでしょう。

儒教など封建社会の礼儀道徳に厳しく束縛され、息苦しく生きてきた
ごく普通の漢民族の人たちはむしろその野生の馬のように自由奔放な生き方と、
子供みたいな純粋な愛を羨ましく思っていますし、ずっと憧れてきました。

この歌のような“情歌”は中国長い歴史上ほとんど少数民族の歌だけでした。

“今のすべてを捨て、
その広い大草原に行きたい!
そして、
その美しい娘さんと恋をしたい!”

 

聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0)

2007/06/01

テレサ.テン(鄧麗君)の『小城故事』のカラオケと歌詞本文

『小城故事』の卡拉OK

です


歌詞本文(中国語)


小城故事     邓丽君


(一)

小城故事多,

充满喜和乐。

若是你到小城来,

收获特别多。

看似一幅画,

听像一首歌。

人生境界真、善、美

这里亦包括。


(二)

谈的谈,说的说,

小城故事真不错。

请你的朋友一起来,

小城来做客。


☆重复(二)


小雨の一言:(前回の中国語版)

读上去怎么很像现在日本的观光旅游宣传广告词。
很多人可能都已经知道这是邓丽君的经典名歌《小城故事》吧。

80年代,当这首歌从国家级广播节目中传出来时,
中国的10亿劳苦大众是以什么样的心情在听呢?
生在福中的日本人可能是很难想像得到的。

......

有惊喜若狂,手舞足蹈的人。
也有像瘫痪了一般,一屁股坐下来的人。
这是怎么回事儿?仍不解其意,惑惑不安的人。

......


反应虽然千差万别,但有一点是谁的心中都很清楚的,
就是
时代变了!

后来的中国正如歌词所唱的那样,游客不断增加,现在无论到哪儿,
除了人,还是人。人满为患。

现在日本各地正致力于招揽中国游客。
说上千条万条,我觉得还不如放放这首歌给大家听听呢。

因为现在中国又面迎着一个新的时代。
(从贫穷走向富裕的时代)

这首歌会让人们产生一种共鸣,再次回忆起那些难忘的岁月,
从而焕发起一种到海外来体验一下时代变迁的欲望吧。


聴き方がわからない方は
こちらから聴いてみてください

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (3)

2007/05/27

『小城故事』『小さな町の物語』(鄧麗君.テレサテン)歌詞朗読と日本語訳詩


歌詞の日本語訳:


小さな町の物語

 
(一)

小さな町だけど、

喜びと楽しみに満ち溢れています。

もし貴方がこの町にいらしたら、

感動の日々が続くでしょう。

見れば、絵のような景色、

聞けば、歌のような旋律、

この地に“真・善・美”という

人生の究極の境地を

見い出す事ができるでしょう。

(二)
          
おしゃべりは尽きません。

町のあれこれが面白くて…

どうぞ、貴方の友達とご一緒に

我が町へ是非ともお越し下さい !

(二) 繰り返し 


小雨の一言:

まるで今の日本の町の観光PR。
  ... ...

この歌はテレサテンの歌だと知っている方が多いのではないでしょうか。

80年代、国営放送からはじめて流れてきた時、

当時10億の中国の民はどんな気持ちで聞いていたか、

日本の方には想像もできないでしょう。

... ...

喜んで飛び上がった人、ほっとして座り込んだ人、

困惑して不安そうにぼうっとした人・・・

... ...

表情はそれぞれに異なりましたが、

ただ一つ確かに言える事は“時代は変わった!”と

全ての人が感じた事です。

その後の中国はこの歌の歌詞通りになりました。

どんどん観光客が増えて、今どこへ行っても、

人、人、人の群れ。
......

今日本の町は中国人観光客の誘致に力を入れています。

言葉より、この歌を流したほうがずっと効果的だと思います。

というのは、今の中国はまた新しい時代の変わり目に

入ろうとしています。

(貧しい時代から豊かな時代に)

この懐かしいメロディーが中国の人々に懐かしい80年代を

思い浮かべさせるでしょう。

そうすると、海外で新しい時代の変わり目を味わおうとする

中国人がたくさん出てくるはずです。

“あ~、時代はまた変わった!”


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (1)

2007/05/12

漢詩『春夜洛城聞笛.李白』中国語朗読と古詩今釈(日本語と中国語)


春夜洛城闻笛 (唐)李白


谁家玉笛暗飞声,

散入春风满洛城。

此夜曲中闻折柳,

何人不起故园情。


古詩今釈:(小雨)

古诗今译:

ある春の夜、昼間の喧騒から静まりかえった大都会“洛陽”の町に、

どこからともなく密やかに聞こえてくる笛の音。

まるで美しい玉の音色。

在一个春天的夜晚,当洛阳这个大都市好不容易从白天的喧哗

走向深夜的寂静时,不知是从哪儿微微传来了一个笛声。

啊……多美的笛声!有如玉石般的清脆。

李白の全身に電流が走った。

李白心头不由得一震。

だれが、何のために、こんな夜更けに吹いているのだろうか?

是谁? 为何? 在这人静夜深里吹起了笛子?

私とおなじく旅人であろうか。

一定是位跟我一样的游子吧。

聞いているうちに惜別の曲「折楊柳」も流れてくるではないか。

何と切ない望郷の念を起こさせる別れの曲だろうか!

啊!传来了《折杨柳》的送别曲。那令人心酸的曲调啊!

李白は耳を澄まして聞き入った…

李白竖起耳朵听得入了神……

その音色が春風に乗って町中の旅人たちに届いているだろう。

这笛声大概已经让春风吹满了整个洛阳城,吹进了每一个

游子的心中。

どんな気持ちで聞いているのだろうか?離れた故郷、別れた友

人を思い出すに違いないだろう。

在这不眠的深夜里,都是以什么心情在听呢?

那远离的故乡,惜别的亲人,一定又一次浮现在眼前吧。

李白は万感胸に迫る思いに浸ってゆく…

此时此刻的李白,心中波涛汹涌,百感交集,

他的心早已回到了故乡……


★(注)


「折楊柳」という習慣は「柳 
liǔ」と「留 liú」の発音が近いから、

お互いに忘れないで、いつまでもその思いを心に留めておこう

という気持ちからの由来だと言われています。

古人送别时“折柳”也叫“折杨柳”的习惯,

据说是因为“柳 ”和“留”字是谐音(发音很近),

故折柳送行以表“留念之情”。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0)

2007/05/05

『三声有幸』第九回朗読と第五回の本文


《三声有幸》的文章


第五回: 人物B:


你汉语讲得真好,在哪儿学的?

Nǐ hàn yǔ  jiǎng  de  zhēn  hǎo,zài  nǎr  xué  de?



小雨の一言:

このコーナーで題名の『 三声有幸』とぜんぜん無関係のものを書きます。

今回は私の日本見聞録(一)です。


我的日本见闻录(一)


①写真を撮っている

今天,想跟大家谈点儿新鲜事儿。

在今年(2007年)樱花纷纷扬扬的一天,

我心血来潮,蹲在山坡上给小草花儿照相。

Xiaocaohua_1


②一箇所でじっとしていたから、警察に通報された。

因为我的照相技术不高,老是对不准镜头,

就翻来覆去,照来照去,在一个地方大约蹲上了一个多小时……

突然,听到背后有个声音问我:“你在干什么?”

我漫不经心地说了句“在照相。”

等我好不容易回头看看他时,才恍然大悟,

原来是位警官先生……

(要知道,这个地方,如果没人通报,警察是绝对不会来的。)

那天,我都不知道我是怎么回到家的……


③反省

“我这个人怎么老是这样,干起事儿来就钻牛角尖……”

嗨,这辈子已经不知反省了多少次了,但就是改不掉。


④感想

请各位兄弟姐妹们也留点儿神:

干事儿太热心了,就要被人疑心了……


不过,日本的警官先生倒真不愧是世界一级棒。

连这点儿小事儿都劳了大驾了……


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧