2007/08/23

石川繁先生の詩吟(音声)『涼州詞』を聴く

石川繁先生の詩吟『涼州詞』を聴く


涼州詞   (唐)王翰

葡萄美酒夜光杯,

欲飮琵琶馬上催。

醉臥沙場君莫笑,

古來征戰幾人回。


葡萄の美酒 夜光の杯

飲まんと欲すれば 琵琶馬上に催す

酔うて沙場に臥す 君笑うこと莫かれ

古来征戦 幾人か回る


感想文(日本語版)(中国語版は前回発表いたしました)


シルクロード。

時代が変わっても、その神秘さは変わらないものですね。

この詩を読むと、異国のような風情が目の前に広がってゆきます。

いつの時代からか、どの神話によるものかは定かではありませんが、
中国の西に極上の仙界があるとの言い伝えがありました。

極限の苦難に耐えて、仙界に辿り着くことができれば、

「そこの神様は、神々しい光を放つ玉の杯で
真っ赤な血の色をした葡萄酒で持て成してくださり、
妖艶な仙女たちは、琵琶という楽器で天上の音楽を奏でてくださると……」、

人々は、このように想像していたのかもしれません。

それを信じていた人々は、遂にシルクロードを作りま した。
シルクロードを通って、仙界に辿り着いた人々は幸せでしたが、

その代わりに、どれだけ無名の戦士たちが、このシルクロードを守るため、
故郷を離れ、慣れない異国の厳しい環境で戦い、命まで捧げたことでしょう。

シルクロードを守ることは 国を守ること、昔から男の大志とされてきました。

しかし、この詩を読むと、それを信じて戦っていた戦士たちの心の片隅に
少なからず寂しさもあることを強く感じずにはおれません。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (4)

2007/05/17

石川繁先生の詩吟(音声)『春夜洛城聞笛.李白』を聴くと日本語本文


春夜洛城聞笛 李白 


誰家玉笛暗飛聲,

散入春風滿洛城。

此夜曲中聞折柳,

何人不起故園情。
              

 


春夜洛城に笛を聞く       
   

誰が家の玉笛か  暗に聲を飛ばす

散じて春風に入りて  洛城に滿つ

此の夜曲中  折柳を聞く

何人か故園の 情を起こさざらん


小雨の一言:

「春夜洛城聞笛」は李白の郷愁の詩の中で「静夜思」の次に有
名な詩です。

《春夜洛城闻笛》是李白继《静夜思》之后又一首有名的思乡曲。

この詩を作った当時、李白はまだ30代前半、求職中の身でした。

作这首诗时,李白才30岁出头,正在到处寻找工作。


(《静夜思》也是处于同一情况下,在30岁之前的作品。)

もちろん、求めている“職”は“官”でした。

当然李白想找的“工作”是“当官”。

当時、他の職は読書人の目からみると“職”とは言えませんでした。

在「万般皆下品,惟有读书高。」的读书人眼里,“官”才是“职”、

“职”就是“官”。

古代中国で官になるためには“科挙”試験を受けるという道が

ありましたが、なぜか李白はそれを受けずに“官”に成りたがっていました。

在古代要想当官,就要应试“科举”。
但李白不想考“科举”,而想直接当官。


“科挙”試験を軽蔑していたのでしょうか。それとも、自分の

才能は天下一という自負があったのでしょうか。

不知他是看不起“科举”制度呢,还是觉得自己的才能天下第一,

不消一试呢。
……


しかし、世の中はそんなに甘くはありませんでした。

但人世间却并非年轻时的李白想像的那样简单。

世間に認められなかった李白は、その時孤独で、寂しかったに
違いないでしょうね。

怀才不遇的李白当时一定感到一片孤独,一片忧伤。


★(注1)

李白は生涯一度も“官”になった事はありませんでした。

(確かに、西暦742年に玄宗皇帝に招かれて、“翰林供奉”に

なりましたが、この“翰林供奉”は官職ではなく、「官職を待つ」という身分でした。

それも二年足らずに終わりました。

李白一生一次也没当过官。

(确实,在公历742年被唐玄宗皇帝派人征召入京,以“翰林供奉”呆在宫中。

但这“翰林供奉”并非官职,只是个“候补官职”的身分。

而且不到两年就不了了之地结束了。)


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (2)

2007/03/21

詩吟(音声)『胡隱君を尋ぬ』(石川繁先生)を聴く

 

胡隱君を尋ぬ     高啓

   
 
 
 水を渡り 復水を渡り

 花を看 還花を看る

   春風 江上の路

 覺えず 君が家に到る

 

 尋胡隱君  (明)高啓

 渡水復渡水,

  看花還看花。

  春風江上路,

  不覺到君家。


 

聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0)

2007/02/21

詩吟(音声)『望廬山瀑布.李白』(石川繁先生)を聴く(中国語朗読付き)


廬山の瀑布を望む       


日は香爐を照らして紫煙を生ず

遙かに看る瀑布の長川を挂くるを

飛流直下三千尺

疑うらくは是銀河の九天より落つるかと


(以上の朗読は2006.7.24の再放送です)


『望庐山瀑布』    李白


日照香炉生紫烟,

遥看瀑布挂长川。

飞流直下三千尺,

疑是银河落九天。


小雨の一言:

詳しいことは2006.7.24日の記事をごらんください。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/25

石川繁先生の詩吟(音声)『早発白帝城.李白』を聴く(中国語朗読もあります)


早に白帝城を発す   李白


朝に辞す白帝彩雲の間

千里の江陵一日にして還る

兩岸の猿聲啼いて住まざるに

輕舟已に過ぐ萬重の山


早發白帝城    (唐)李白


朝辭白帝彩雲間,

千里江陵一日還。

兩岸猿聲啼不住,

輕舟已過萬重山。


以上の朗読は2006.07.18の再放送です


『早发白帝城 』   李白

朝辞白帝彩云间,

千里江陵一日还。

两岸猿声啼不住,

轻舟已过万重山。


聴き方がわからない方はこちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント欄へどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

漢詩『静夜思・李白』(中国語朗読と石川繁先生の詩吟)(音声)


静夜思   李白


床前明月光,

疑是地上霜。

举头望明月,

低头思故乡。




静夜思  李白


牀前月光を看る

疑うらくは是れ地上の霜かと

頭を挙げては山月を望み

頭を低れては故郷を思う



小雨の一言:


日本語:

天上の明月  ⇔   地上の故郷

冷たい明月  ⇔   暖かい故郷

侘しい明月   ⇔   懐かし故郷


なんて鮮明な対称でしょう。

明月を見て、故郷を思い出す気持ちが遠く故郷を離れ、

この日本に住んでいる私にとって身に沁みるほど分ります。


自分の意志で住んでいるのに、

一生帰らない覚悟をして住んでいるのに、

なぜか時々

帰ろう、帰ろう、故郷へ帰ろうと願っています。

特に、静かな夜、眠れない夜、その気持ちが

いっそう強まり、思わず窓を開け、何かを見よう

とします......

しかし、

見えるのは一輪の明月だけでした。


中国語:

天上的月亮  ⇔  地上的故乡

冰冷的月亮  ⇔  温暖的故乡

寂寞的月亮  ⇔  心慰的故乡


多么鲜明的对照。


「举头望明月,低头思故乡。」好像就是说的我自己。

是自己要远离故土,住在此处; 是自己下了决心,埋在此地。

但是,依然经常产生一种

“回去吧,回去吧,回故乡去吧!”的心情。

特别是在人深夜静的晚上,不能入眠的深夜,更是难以忍受。

经常会不由自主地打开窗户,想看看什么......

到底想看什么呢?连自己也不明白。

能够看到的只是挂在天上的一轮明月。


Buroguyousyasinn_2
聴き方がわからない方は
こちらから聴いてみてください

 

↑聴いてみてよかったらランキングのクリックをお願いします
↓感想、質問、リクエストなどは下のコメント

| | コメント (3) | トラックバック (0)